年賀状、1月2日の配達が来年は中止!? アルバイトの確保も困難、もはや時代の必然なのか

年賀状、1月2日の配達が来年は中止!? アルバイトの確保も困難、もはや時代の必然なのか


僕が子どもの頃、年末になれば祖母や母親が手書きで年賀状を書くという光景をよく目にしていた。それがいつの間にか、年賀状は印刷するものが主流になっていき、今ではそもそもメールやLINEなどのやりとりで代用してしまう人も増えていた。僕自身、年賀状なんて何年も出していない。(文:松本ミゾレ)


そうした中、9日に読売新聞が報じるところによると、日本郵便は2017年1月2日の年賀状配達は取り止める方向で最終調整に入ったという。人件費の負担が大きいというのが主な理由だ。


■2003年に44億枚だった発行枚数も、昨年度は28億枚まで減少


そもそも、1月2日の年賀状配達は、1973年から2004年までは行われていなかった。これが2005年になって、顧客サービスの一環として、1973年以前と同じく再び配達されるようになった、という経緯がある。


もっとも、現在では年々発行される年賀状の数も減り続けており、昨年度では28億5329万枚。ピークだった2003年度には44億枚だったので、3分の2程度までおちたことになる。


年賀状配達には、アルバイトを雇うケースも多いが、このところはなかなか募集しても人材が確保できないようで、しかも発行枚数も少なくなる一方。こうしたこともあり、2日の配達を中止し、コスト削減につなげようとしているようだ。


■年賀状を出さなくてもSNSやLINEで繋がりを確認できる時代


2日の配達がなくなると、寂しい気持ちになる人もいるかも知れないが、ネットの反応は冷静だった。ツイッターの声をいくつかご紹介したい。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。