睡眠時間が短い都道府県ランキング1位は神奈川県 総務省の社会生活基本調査まとめ

睡眠時間が短い都道府県ランキング1位は神奈川県 総務省の社会生活基本調査まとめ
       

総務省が8月下旬、「社会生活基本調査からわかる47都道府県ランキング」を発表した。2011年の社会生活基本調査結果をもとに、「一日の生活時間の使い方」と「1年間の活動から」の2つのカテゴリに大別し、「通勤・通学時間」や「睡眠時間」など、国民の生活習慣のランキングを47都道府県別にまとめている。


■通勤時間が長い都道府県ほど睡眠時間は短い傾向



「通勤・通学時間が長いランキング(1日当たりの通勤・通学時間)」では、1位が神奈川県で1時間40分、2位が埼玉県千葉県でどちらも1時間34分、4位が東京都で1時間30分と、上位を首都圏が独占。反対に最も通勤時間が短いのが宮崎県で50分だった。


神奈川県には、小田急小田原線や東急田園都市線など走行距離が長い路線が多く、都心から離れた場所に住んでも通勤可能だ。そのため、通勤時間も長い傾向があるのだろう。


「睡眠時間たっぷりランキング(1日当たりの睡眠時間)」を見ると、1位が秋田県で8時間2分、2位が青森県で8時間1分、3位が高知県で8時間だった。反対に睡眠時間が短い都道府県は1位が神奈川県で7時間31分、2位が奈良県で7時間33分、3位が千葉県と兵庫県でどちらも7時間34分だった。通勤時間が長い都道府県ほど、睡眠時間も短い。


「ゆう活ランキング(有業者の男女の平日における平均帰宅時間)」では、帰宅時間が早い都道府県1位が徳島県で18時2分、2位が青森県で18時6分、3位が愛媛県で18時13分だった。反対に帰宅時間が遅い都道府県1位は東京都で19時45分、2位は神奈川県で19時29分だった。通勤時間が長い神奈川県や東京都では、一日の大半を職場や通勤電車の中で過ごす人が多い。?


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「総務省 + 家計調査」のおすすめ記事

「総務省 + 家計調査」のおすすめ記事をもっと見る

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月1日の社会記事

キーワード一覧

  1. 総務省 ふるさと納税
  2. 総務省 家計調査
  3. 総務省 電波利用

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。