通勤電車でストレスを感じること 2位「出入り口から動かない乗客」、3位「他の乗客の臭い」

通勤電車でストレスを感じること 2位「出入り口から動かない乗客」、3位「他の乗客の臭い」


通勤通学電車は、都心へ向かうほど乗車率が高くなり混雑レベルが半端なくなってくる。それがイヤで地方に移住したり在宅で独立開業したりする人がいるくらいだ。日本人はどのくらいの人が満員電車に乗り、そのストレスにさらされているのだろうか。


10月11日、マクロミルが、「通勤通学電車の状況について」のリサーチ結果を発表した。調査対象は東京都内・大阪府内に電車で通勤・通学をしている20歳~59歳の男女で、2000人から回答を得た。(文:okei)


■一番のストレスは満員電車そのものだが、マナーを守らない乗客にも困惑


注目は通勤通学時に「満員電車に乗ることがある」という回答で、東京は86%、大阪74%と全体で80%以上の人が、毎朝満員電車に揺られてがんばっている。


混雑レベルは東京・大阪とも最多が「手足は動かせるが、身体の位置は変えられない」で26%(東京30%、大阪23%)、次いで「身体の向きは変えられるが移動はできない」が23.3%となった。「まったく身動きが取れないレベルの混雑」も10人に1人は経験している。


こんな状態では通勤通学電車で「何らかのストレスを感じている」と答えた人が95%なのも当然の結果だ。「ストレスを感じること」としては、


1位「満員電車・混雑」46%
2位「乗降時に出入り口等から動かない乗客」44%
3位「他の乗客のにおい(汗臭さ・香水など)」43%


となっている。ちなみに、4位は「ヘッドホンからの音漏れ」37%、5位は「電車の遅延」37%で、「他人にぶつかる、押される」や、「順番を守らない人」など、マナーの悪さや自分ではどうしようもないことに苛立ちが募るようだ。しかし結局は混雑そのものによって起こるストレスが圧倒的で、1位の結果は、「とにかく混んでるのがヤダ!」という叫びにも感じられた。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。