「息子は幼い同居人。ありのままを受け入れる」――発達障害の子どもの自己肯定感を高める育て方

「息子は幼い同居人。ありのままを受け入れる」――発達障害の子どもの自己肯定感を高める育て方
拡大する(全2枚)

2児の母でライターの山本うみです。前回の記事で書かせていただいたように、我が家には現在高校生の発達障害の息子がいます。専門医を受診したのは小学校4年生ですが、それまでは私なりの接し方で彼の生きづらさを解消しようと奮闘していました。


というのも、発達障害であってもそうでなくても、彼が彼自身で生きていかなければならないことに変わりはないので、まずは症状と上手に付き合える環境が大切だと思ったからです。(文:山本うみ)


■「何かあるたびに、どう感じたか、どう思ったか、彼の考えを聞く」



発達障害でよく聞くのが、自信喪失や劣等感などからくる二次障害。困難が重なることで自己評価が低くなり、不安障害やうつ病といった病気だけでなく、暴力や過度の反抗といった問題行動を引き起こしてしまうというものです。そこで私が常に意識していたのは、“彼が彼自身を肯定できる環境”でした。


まず、彼を理解するために、「彼は幼い同居人なのだ」というスタンスでありのままを受け入れるようにしました。その上で発達障害に関する知識を増やし、いったんリセットして彼と向き合うようにして、いちばん伝わる方法を模索していったのです。


……なんて書くとずいぶん偉そうですが、実際は一般的な子育てとさほど変わらず、彼の特性に沿った部分を工夫するといった感じです。



・ちょっとしたことでも「ありがとう」と目を見て言う。褒めるときはスキンシップを交えてちょっぴりオーバーなくらいに。
・日常の些細なこと、例えば苦手な片づけなんかも遊びに変えて楽しみながら身に着けられるようにする。
・注意するときは「怒られるからダメ」と理解しないよう、なぜダメなのかきちんと理由を伝え、できるだけ感情的にならないように話す。
・何かあるたびに、どう感じたか、どう思ったかなど、彼の考えを聞く。
・感情のコントロールができていないときは一旦クールダウンさせ、落ち着くのを待ってから話す。
・勉強で苦手と感じる分野は、わかりやすい比喩を用いたり可視化したりして一緒に考える。


この記事の画像

「「息子は幼い同居人。ありのままを受け入れる」――発達障害の子どもの自己肯定感を高める育て方」の画像1 「「息子は幼い同居人。ありのままを受け入れる」――発達障害の子どもの自己肯定感を高める育て方」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「発達障害」に関する記事

「発達障害」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「発達障害」の記事

次に読みたい「発達障害」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク