保育士がやっぱり激務薄給 エッチな園児の対応に追われ、親からの理不尽クレームにも消耗

それだけでも大変なのに、いざ劇の配役が決まったら、児童の親が「うちの子はこの役がやりたいと言っていたのに~」と、キャスティングに文句を言ってくるのだとか。僕だったら「しらねえよ」で済ますけど、それができないのが保育士。これは胃が痛くなりそうだ。


また、カズヤさんはこんな話もしている。


「男の子が女の子を足を開かせて、セックスのままごとをしている」


要は、親が家の中でやっていることを子供が見ていて、遊びの延長として保育園でやっているようだ。こんなのにも「ダメだよ」とやんわり注意してやめさせようとするのは辛い。他にも「男の子が柱に股間をものすごいこすり続けてた」という話もあった。


また、「子供が蚊に刺されすぎている」とクレームを入れる親もいるという。それから、おもらしした児童を着替えさせた後、「何それ、何なんそのコーディネイト」と、自分の子供がおもらしした事実を差し置いて、聞こえるように文句を言う馬鹿もいるのだとか。


■副業で「水着モデル」をやっている保育士も


前述の通り、保育士の給料は極めて低い。家賃、光熱費など払えば、手元に幾らも残らないこともあるだろう。そのためか、副業をしている保育士というのも少なくないようだ。番組が調査したところ、こんな意見が寄せられている。


「保育士をしながら、スナックでホステスをしていた」
「副業でお坊さんをしていた」
「週末は巫女さんをしていた。児童とその親と神社で鉢合わせすることもあった」
「セミプロカメラマンの募集する水着モデルになった」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。