「同年代の子たちが可愛がられ、自分は孤独になって仕事もままならなくなる」 人付き合いを軽視していた坂上忍が苦い経験を告白

「同年代の子たちが可愛がられ、自分は孤独になって仕事もままならなくなる」 人付き合いを軽視していた坂上忍が苦い経験を告白

4月25日放送の「バイキング」(フジテレビ)で、若者世代が大人に怒っていることを激論するコーナーがあった。モデルのりゅうちぇる(20)は、先輩に食事に連れて行かれても武勇伝や自慢話ばかりで「もうお腹いっぱい!」と不満を表した。


さらに「おんなじ話ばっかりだし、食事の誘いを断ることが悪のように言われるのがイヤ」とも訴え、「付いて行きたいなって人もいるから、IKKOさんなら僕行きます」などと、大人席に座るIKKOに愛想をふりまいた。(ライター:okei)


■「先輩の誘いが嫌だと、この世界厳しくなるよね?」



その様子をだまって聞いていた坂上だったが、意見を求められると「芸能界の先輩の誘いが嫌だということは、この世界(芸能界)厳しくなるよね?」と切り出した。


冷たいまなざしの坂上に圧をかけられ、りゅうちぇるは「そうですね、断り方が大事だと…」と言いかけるも、坂上は「断り方じゃなくて」とこう畳み掛けた。


「たかだか9か月の芸歴で、俺らのことを自慢話や同じ話しかしない、それで芸能界生き抜いていけるって思うんだったら断ればいいさ。それだけの話」


説教モードに焦ったりゅうちぇるは「でも坂上さんなら僕…」と言いかけたが、坂上はこれにも「関係ない!」と一喝。「俺はIKKOさんじゃないので。俺だけ褒められたって(ダメ)。全体のことを言ってるわけだから」と突き放した。


「僕のこと誘いたいと思いますか?」という問いにも、「聞くこと自体がおこがましい」とバッサリ。先輩の誘いは必ず行くべき、選択の余地なしとする威圧感にスタジオは静まり返った。ところが坂上は、先輩の誘いを断ることについて、


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2016年4月27日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら