後を絶たない「求人詐欺」に困惑 「残業月に10時間のはずが、実際には150時間くらい働いてた」人も

後を絶たない「求人詐欺」に困惑 「残業月に10時間のはずが、実際には150時間くらい働いてた」人も
拡大する(全2枚)


求人票を見て働き始めたら、実際の労働条件が全く異なっていたという経験はないだろうか。2月3日、2ちゃんねるに立てられた「求人票に嘘って、そんなによくあることなの?」というスレッドには、そんな理不尽な実態に関する投稿が相次いだ。


スレ主は「例えば住宅手当ありって書いてあるのに実際はナシとかありうる?」と尋ねると、ネット民からは「あるある」「うん」「たまによくある」と肯定するレスが続出。これにスレ主は「詐欺じゃん 何とかできないの?」と憤りをあらわにしている。


■完全週休二日制だったのに「3ヶ月休みなしとかな」


スレに書き込まれているのは、残業時間が求人票に記載されているよりもはるかに長かったり、休みを取れなかったりしたという経験談だ。



「残業月平均20時間て書いてあったけど実際40時間超え」
「残業月に10時間程と書かれていたけど、休日出勤もして150時間くらい働いてた」


ここまでくるともはや誤差とは思えず、残業を過少申告していたのではないかと思わずにはいられない。「完全週休二日制うたっておいて、いざ入ったら3ヶ月休みなしとかな」という違法状態もあった。


人事総務を担当しているという人は「中小零細は嘘『しか』書かないぞ。年休120日って書いてるけど実際は30日もない」と指摘。他にも、業務内容が当初と違っていたり、そもそも雇用形態が違っていたという書き込みもあった。



「正社員の面接で行ってるのに非正規でならとかあるよな。こっちは正規の面接できてるのに無駄足とらすなと。電車賃払えと言いたくなるわ」


この記事の画像

「後を絶たない「求人詐欺」に困惑 「残業月に10時間のはずが、実際には150時間くらい働いてた」人も」の画像1 「後を絶たない「求人詐欺」に困惑 「残業月に10時間のはずが、実際には150時間くらい働いてた」人も」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。