「相対的貧困」に苦しむ子どもたち 学費も自分で一部負担、入学金の準備に苦慮する高校生も

「相対的貧困」に苦しむ子どもたち 学費も自分で一部負担、入学金の準備に苦慮する高校生も

家庭の貧困がもたらす終わりの見えない負の連鎖…子どもが背負う苦境は社会に巣立つ直前まで続く


現在、子どもの6人に1人が貧困に喘いでいる。そんな衝撃的な状況を淡々と伝えるナレーションからはじまる、2月12日放送の「NHKスペシャル 見えない"貧困"~未来を奪われる子どもたち~」。


子どもが当たり前に持っているはずの、モノ、人との関わり、教育の機会。そういったものが奪われている現実が紹介されていた。(文:松本ミゾレ)


■母と子どもの4人家族で月収21万円、支出は月19万円



普通の生活水準よりも下回る生活を送ることを強いられている世帯のことを、「相対的貧困」と呼ぶという。時代背景によって貧富の幅は変動するため、絶対的な目安はない。だからこそ相対的という言葉を使っているということだ。


その相対的貧困の世帯は、番組が紹介したところによると、およそ16.3%になり、子どもの6人に1人が、経済的に苦境を強いられていると目されている。相対的貧困の家庭の収入(両親と子ども2人という場合)の目安は、244万円未満とされている。


たしかに、年間このぐらいの収入しか見込めない状況では、子育てするのも大変だろう。番組では、相対的貧困家庭に該当する、ある一家を取材している。関西地方に住む、母子家庭の4人家族だ。


週5日、病院でパートをしている母親の収入は月額14万円。児童扶養手当の支給額がおよそ7万円ほど。月収はあわせて21万円ぐらいしかない。一方、毎月の支出は水道光熱費や学費などをあわせて、19万円ほどになってしまうという。これでは貯蓄もままならない。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2017年2月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。