"公平"と"平等"重視のPTA 「無意味な会合」のために仕事を休む母の複雑な心境

"公平"と"平等"重視のPTA 「無意味な会合」のために仕事を休む母の複雑な心境

ある母親がSNSに投稿した「PTAやめたの私だ」の一言が話題となり、方々でPTAに関する議論が持ち上がっている。


学校と家庭が連携し、子どもの健やかな成長を見守る団体としてPTAが発足したのは1946年。70年以上が経過し、家庭の在り方も変化している今、子どもを持つ母親たちはどんな状況に置かれているのか? 母親の声を聞いた。(取材・文:千葉こころ)


■メールや手紙で伝えきれる内容でもわざわざ集まらないといけない



小学校2年生と5年生の子どもがいる川上こずえさん(30代 仮名)。現在、パートで働いているが、子ども一人につき最低1年間はPTA活動に参加しなければならない。


こずえさんの小学校では、年度の初めに各学年から選出された母親が4つの委員に分かれ、月1回の定例会で話し合いをしながら、内容に即した活動をおこなう。



「学校や先生の様子もわかるし、ほかの学年にもママ友ができるので、参加してよかったと感じる面はあります。でも、わざわざ仕事を休んでまで集まる必要があるのかな? ということも多いんですよね」


定例会はPTA役員からの申し送りではじまり、衛生面の管理方法や給食試食会の企画など、そのときどきに必要な内容を話し合う。ただ、特に事案がない場合は情報共有だけで終了することも。



「情報共有だけの日は10分足らずで終了します。あとはお菓子を食べながら雑談して時間を潰すだけ。それはそれで楽しいですけど、『仕事に行ってたらお金になったのにな』とか、つい考えちゃいます」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2017年2月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら