日本で働きたい中国人留学生に専門学校のCG学科が大人気 優秀な学生にカプコンなど50社群がる

日本で働きたい中国人留学生に専門学校のCG学科が大人気 優秀な学生にカプコンなど50社群がる
拡大する(全2枚)

日本のデジタルクリエーター系専門学校で学ぶ中国人留学生が増えている。幼い頃から日本のアニメを見て育ったという彼らは、かなり流暢な日本語を話す。日本語はアニメで覚えたというから驚きだ。


2月27日放送の「とくダネ!」(フジテレビ)が、そんな留学生たちに密着。就活生が自ら企業にプレゼンするイベントでは、ゲーム大手のカプコンはじめ、50社もの企業が1人の留学生に集まる場面もあった。(文:okei)


■中国で大学を卒業・就職してから留学する人まで



アニメやゲーム制作技術の専門学校・HAL東京(東京・新宿区)のCG学科では80人中20人が中国人留学生だ。人気の背景には、日本のアニメや漫画に幼いころから親しんで来て、日本でアニメ制作やゲーム開発に携わりたいと夢を抱く若者が多いことがある。


「日本の企業に入りたいです」と語るCG学科2年の劉さん(26歳・男性)は、学費と家賃は親から出してもらっているが、飲食店でアルバイトしながら生活費5万円で暮らしている。


他にも、中国で大学を卒業・就職を経て留学した女性など、多くの学生が夢をかなえようと留学した経緯を語る。中にはアルバイトもせず、ずっと勉強漬けの人も。皆一様に留学を許してくれた家族の期待に応えようと熱心に勉強しており、将来は日本での就職を希望していた。


そんな中、多くのゲーム会社やデジタルコンテンツ制作会社を招いての「就職作品プレゼンテーション」が学内で行われた。劉さんは、3DCGで制作した自画像で臨んだところ大好評。個別ブースで説明する横では、他社の担当者が順番待ちまでして注目し、「結果的には約50社が訪れる大盛況」と番組は伝えた。


この記事の画像

「日本で働きたい中国人留学生に専門学校のCG学科が大人気 優秀な学生にカプコンなど50社群がる」の画像1 「日本で働きたい中国人留学生に専門学校のCG学科が大人気 優秀な学生にカプコンなど50社群がる」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク