食品ロスを防ぐ「3010運動」 宴会でちゃんと料理を食べるだけ、農水省など呼びかけ

食品ロスを防ぐ「3010運動」 宴会でちゃんと料理を食べるだけ、農水省など呼びかけ

日本では、食べられるのに廃棄される「食品ロス」が年間632万トンもあるという。そうした中、歓送迎会やお花見など宴会シーズンの到来を控え、環境省や農水省などは「3010運動」を呼び掛けている。


■乾杯後30分、お開き10分前は料理を楽しみ、食品ロスの削減に結び付ける



3010運動とは、宴会時の食べ残しを減らすキャンペーン。乾杯後30分は席を立たずに料理を味わい、お開き10分前になったら自席に戻って料理を残さずいただこうというもの。


元々は2011年の5月、長野県松本市の市長が宴会での食べ残しの多さを問題視し、市のゴミ削減を担当する部署と協力して展開させた運動だという。ゴミの削減はどの自治体にとっても課題で、松本市の運動に注目した他の自治体が興味を示し、全国に波及していった。


松本市環境部環境政策課の担当者は



「食品ロス自体の正確な計測はまだなので一概には言えませんが、2011年に8万3295トンあった可燃ごみが、2015年には7万9680トンに減りました。運動はゴミの減少の一翼を担っていると思います」


と、取り組みの意義と効果を語る。


環境省は3月28日、こうした自治体の動きを後押しする目的で、ツイッターで運動の周知と実施を呼び掛けた。昨年11月には飲食店のテーブル上に置ける三角柱型ポップを作り、自由に使えるようネット上でデータを配布している。


■一声かけるだけでも効果あり 「幹事さんは積極的に促して」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2017年3月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら