「消防車でうどん店に立ち寄った」 消防団員への指導に「世知辛い世の中」という声相次ぐ

「消防車でうどん店に立ち寄った」 消防団員への指導に「世知辛い世の中」という声相次ぐ
       

愛知県一宮市で、消防車で飲食店に立ち寄った消防団員7人を同市の消防本部が注意したことを受け、ネットでは賛否が分かれている。その多くは「いいじゃんそれくらい」と、消防団の行動を擁護する声だ。


■「消防活動以外で消防車を使用しない」という申し合わせに違反したため注意



4月26日付の中日新聞の報道によれば、業務の間にうどん店の駐車場に止まっていた消防車を見つけた市民が「おかしくないか」と市の消防本部に指摘。「消防車で飲食店に乗り付けるのは非常識」と判断した本部が、分団長に口頭注意をしたという。


これを知ったネットユーザーからは



「世知辛い世の中だわ」
「サイレン鳴らしてないならええやろ」
「それくらい大目に見てやれよ…」


などの声が挙がっている。消防団員だってお腹は減る。消防車でちょっと食事に寄ったぐらいで、とやかく言うのはやりすぎではないのか、と感じた人が多いようだ。


こうした声について、一宮市の消防本部は「そのような声があることは把握しております」と受け止めた上で、対応の理由を語った。



「今回は『消防活動以外で消防車を使用しない』という申し合わせに反したため、注意しました」


■移動途中の昼食にまで、申し合わせを適用する必要はあるのか?


元々、市の消防本部と消防団は、業務外での消防車の使用をしないと約束していた。飲食店などに消防車が駐車しているのを見た市民が「災害が起きたのでは」「消防団員がお酒を飲んでいるのでは」などと不安に思うのを防ぐためだという。「かなり昔からあるので、いつからこうした申し合わせあったかは分からない」と言うほど、古くから根付いていたようだ。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「消防車でうどん店に立ち寄った」 消防団員への指導に「世知辛い世の中」という声相次ぐ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    自分の車で行け。

    0
この記事にコメントする

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。