4割の人がうつ傾向あり、そのうち9割以上が病院を受診せず 「かかりつけ医に伝えて」

4割の人がうつ傾向あり、そのうち9割以上が病院を受診せず 「かかりつけ医に伝えて」

うつ病の疑いがある人のうち、医師に相談しているのは約1割にすぎない。塩野義製薬が、5月17日に発表した「うつ傾向のある人の意識と行動に関する調査結果」で明らかとなった。


うつ傾向があると「泣きたくなる」「消えてなくなりたい」と感じる人が過半数



一般生活者の男女20~69歳1万9975人のうち、



「最近1か月間、気分が沈んだり,ゆううつな気持ちになることがよくあった」
「最近1か月間、物事に対して興味がわかない,心から楽しめないことがよくあった」


のどちらかに当てはまる「うつ傾向あり」の人は7796人で全体の約4割に上った。


うつ傾向がある人のうち、「うつ病/うつ状態」の診断・治療を受けていない人が91.9%と大多数を占めた。「現在、医療機関で診断されている」と回答した人は、わずか8.1%だった。


うつ傾向のある人は、心身ともに様々な不調を感じているようだ。「物事を悪い方向に考える」に「よくある」「ときどきある」と回答した人は74.1%で、「いつもなら楽しいことが気が進まない、やる気がない」も73.9%に上った。


ほかに「疲労倦怠感」(76.5%)、「肩の痛み」(73.7%)、「睡眠障害」(70.8%)、「頭痛・頭重感」(70.3%)を訴える人はいずれも7割を超えた。


うつ傾向があるが、病院で治療を受けていない人に、身近なかかりつけ医(内科医)に専門外のことでも相談できるかどうか聞いたところ、「そう思う」(4.0%)、「ややそう思う」(18.4%)と回答した人は合わせて22.4%。一方、「そう思わない」(23.7%)「あまりそう思わない」(27.3%)と回答した人は、合わせて51%だった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。