子どもの虫歯に表れる経済格差 貧困家庭は予防・治療共にハンデ、「炭水化物中心の食事」も一因か

子どもの虫歯に表れる経済格差 貧困家庭は予防・治療共にハンデ、「炭水化物中心の食事」も一因か
拡大する(全2枚)

虫歯を持つ子供は、1970年代前半をピークに減少傾向にある。昨年12月に発表された最新の学校保健統計では、虫歯を持つ中学生、高校生の割合は、それぞれ37.5%、49.2%と過去最低を記録した。


一方で、虫歯があっても受診できず、口内環境が悪化する子どもたちの存在も明らかになっている。


■虫歯の痛みで2~3日学校を休む小学生、固いパンが食べられない高校生



兵庫県保険医協会は県内の小中高校など合計1409校を対象に、口腔内の健康と家庭状況を探る調査を実施し、全体の約19%に相当する274校から回答を得た。


5月22日に発表された結果によると、2016年度の学校歯科検診で小学生110人、中学生17人、高校生206人、特別支援学校13人、合わせて346人に口腔崩壊が認められたという。調査の回答率から考えると、実際の数はもっと多くなる。


口腔崩壊とは、未治療の虫歯が10本以上あるなどの理由で咀嚼が困難な状態を指す。健康な歯が少なければその分噛む力が弱くなり、栄養を十分に摂取できず、発育にも悪影響がある。調査では



「乳歯がすべて黒ずみ歯冠(注:歯茎から見えている歯の部分)がない。永久歯虫歯の痛みで2~3日休む」(小学生)
「半数以上がう歯。歯肉炎も重度。固いパンが食べられない」(高校生)


など、深刻なケースが多数報告されていた。


県保険医協会の理事を務める神戸常盤大学の足立了平教授(口腔保健学)は、こうした子どもの口腔崩壊の背景に家庭の経済状況悪化があると見ている。


この記事の画像

「子どもの虫歯に表れる経済格差 貧困家庭は予防・治療共にハンデ、「炭水化物中心の食事」も一因か」の画像1 「子どもの虫歯に表れる経済格差 貧困家庭は予防・治療共にハンデ、「炭水化物中心の食事」も一因か」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク