約4割が自分や周囲の人のSNSアカウントを乗っ取られたことがあると回答 被害最多はLINE

約4割が自分や周囲の人のSNSアカウントを乗っ取られたことがあると回答 被害最多はLINE

LINEは「セキュリティリテラシー実態把握調査」の結果を6月1日に発表した。15~69歳のLINEユーザーを対象に5月10日~5月11日に実施された。6月9日の「サイバー防災の日」に向けた取り組みの一環だという。


SNSアカウントを乗っ取られたことがあるかどうか複数回答で聞いたところ、「自分のアカウントが乗っ取られた」という人は7%に留まった。「家族」「恋人や友だち、知人」が乗っ取られたという人はそれぞれ3%と30%だった。


セキュリティを意識している人は全体の70%



何のアカウントが乗っ取られたのか聞くと、全体では「LINE」(52%)、「ツイッター」(35%)「Facebook」(23%)の順に多かった。しかし10代の男女ではツイッターが断トツで多い。


インターネットトラブルに関する言葉で知っているものを複数回答で聞いたところ、「アカウント乗っ取り」という言葉を知っている人は71%に上った。「ウイルス/マルウェア」(56%)、「SMS認証番号」(51%)という言葉を知っている人も半数以上いた。「スパム」(47%)、「フィッシングサイト/メール」(45%)、「2段階認証」(44%)を知っている人も多かった。


インターネットや端末のセキュリティについて普段からどのくらい意識しているか聞くと、「とても意識している」(16%)、「やや意識している」(54%)が計70%に上った。ただし20~30代の主婦では、合わせて51%の人しか意識していなかった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2017年6月2日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。