コーヒー8杯以上で危険、急性カフェイン中毒が急増 「危険ドラッグの代用になっている」との指摘も

コーヒー8杯以上で危険、急性カフェイン中毒が急増 「危険ドラッグの代用になっている」との指摘も
拡大する(全2枚)

眠気を覚ましたい時や疲れたとき、コーヒーや紅茶でカフェインを摂取する人も多いだろう。しかし、どんなものでも取り過ぎれば身体に悪影響を及ぼす。日本中毒学会の調査では、2011年~2016年3月31日の5年間で101人が急性カフェイン中毒で搬送されている。心停止や死亡といった重篤な事例もある。


■2013年、自販機でエナジードリンクが売られるようになってから急増



急性カフェイン中毒は、短時間でカフェインを摂取することで発症する。めまいや吐き気、脈の早まりや動機が代表的な症状だ。個人差はあるが、1~2時間あたり1グラム以上の摂取で発症、5グラム以上で死に至ると言われる。


今回の調査では、心停止を起こした患者の最少摂取量は6グラムだった。調査を実施した埼玉医科大学の上條吉人教授は



「コーヒー1杯200ミリリットルに0.1~0.12グラムのカフェインが含まれます。つまり、8~10杯飲むと中毒を起こす可能性があります」


と話す。


101件の中央値は25歳と、比較的若い世代での中毒患者が多かった。教授は、エナジードリンク市場の拡大と何らかの関連があると見る。



「症例が急増した2013年は、エナジードリンクの自販機販売が開始された年。ドリンクでカフェインの効果に味をしめた若者が、より手軽に高い効果を得ようと、眠気防止剤に手を出していったのではないでしょうか」


2015年12月には九州地方の20代の男性が、エナジードリンクとカフェイン錠剤を併用して服用し、中毒に陥り死亡した。カフェイン中毒の死亡事例はこれが国内初だ。


この記事の画像

「コーヒー8杯以上で危険、急性カフェイン中毒が急増 「危険ドラッグの代用になっている」との指摘も」の画像1 「コーヒー8杯以上で危険、急性カフェイン中毒が急増 「危険ドラッグの代用になっている」との指摘も」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「コーヒー8杯以上で危険、急性カフェイン中毒が急増 「危険ドラッグの代用になっている」との指摘も」の みんなの反応 1
  • 偏向記事やめろ 通報

    根拠の実験資料提示しないで、コーヒーを危険ドラッグ扱い? 錠剤カフェインと眠気覚ましドリンクの併用死でコーヒー33杯相当の事件が、いつの間にコーヒー悪で弾圧?

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク