【元アイドル刺傷事件】現行のストーカー規制法では守れるものも守れない! 実効性のあるものに今すぐアップデートするべき

【元アイドル刺傷事件】現行のストーカー規制法では守れるものも守れない! 実効性のあるものに今すぐアップデートするべき
拡大する(全2枚)


21日、東京都小金井市本町のライブハウスが入る雑居ビルの敷地内で、音楽活動をしていた大学生、冨田真由さん(20)が男に刃物で全身20箇所以上を刺されるという痛ましい事件が発生した。


現在、冨田さんは重体と報じられている。警視庁小金井署は、職業不詳の岩埼友宏容疑者(27)を現行犯逮捕し、取調べを行っている。


冨田さんは元々アイドルとして活動していたが、最近はギターの弾き語りを主体に活動していたようだ。報道では「アイドル」として紹介されているが、正確にはアイドル的な魅力のあるシンガーソングライターだろう。(文:松本ミゾレ)


■ツイッターで執拗に書き込み、危険を感じて警察に相談していた


この事件で注視しなければならない点。それは、冨田さんが、いずれこういった事態に発展するのではないかと危惧していたところにある。


報道によると冨田さんは今月9日以降、数回にわたって自身の住む武蔵野市の警察署に、岩崎容疑者を名指しして相談を持ちかけていた。岩崎容疑者がネットに執拗に誹謗中傷の書き込みをしていると、助けを求めていたのである。


岩崎容疑者のもの見られるツイッターのアカウントは、既にネットで大量に拡散されている。冨田さんのアカウントへのツイートは当初こそ穏やかなものであった。「楽しい時間をありがとー」など、普通のファンがアイドルのライブ後に送るような文章が見受けられる。


ところがそのうちに岩崎容疑者は、冨田さんに対して「腕時計をプレゼントする意味を知っていますか? 大切に使ってくださいね」とプレゼントを贈ったことについて連絡したり、いっしょにお酒を飲もうなどと書き込んでいる。


この記事の画像

「【元アイドル刺傷事件】現行のストーカー規制法では守れるものも守れない! 実効性のあるものに今すぐアップデートするべき」の画像1 「【元アイドル刺傷事件】現行のストーカー規制法では守れるものも守れない! 実効性のあるものに今すぐアップデートするべき」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク