藤井四段が受けたモンテッソーリ教育とは? 「"お仕事"で集中力を磨く」「空間認知能力も養われる」

藤井四段が受けたモンテッソーリ教育とは? 「"お仕事"で集中力を磨く」「空間認知能力も養われる」

藤井聡太四段(14)の快進撃が止まらない。6月26日には29連勝を達成し、最多連勝記録を30年ぶりに更新した。


そうした中、藤井四段が幼少期に受けたというモンテッソーリ教育や小さい頃に遊んでいた「キュボロ」という知育玩具が話題になっている。


「木のおもちゃを使って空間認知力や言語能力も養う」



日刊スポーツによると、藤井四段は3歳のときに地元の「の聖母幼稚園」(愛知県瀬戸市)に入園。そこではモンテッソーリ教育を取り入れた教育が行われていたという。イタリアの女性医師であるマリア・モンテッソーリが確立した教育法で、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が受けていたことでも知られている。


都内では日本モンテッソーリ教育綜合研究所が運営する「子どもの家」などで実践されている。同研究所の担当者によると、「子どもの家」では学年でクラスを分けることはせず、2歳半~6歳までの子どもが同じクラスで過ごすという。そして歌や紙芝居といった通常の教育とは別に、「お仕事」と呼ばれる時間を設けている。



「子どもたちが玩具で自主的に遊ぶことを『お仕事』と呼んでいます。モンテッソーリに独自の教材や玩具も含め、様々なおもちゃがふんだんにあります。どの玩具を使うかは、子ども自身が選んだり、教師が1人1人の発達に合わせて提案したりします」


モンテッソーリでは、こうした教育を通して「子どもたちに備わっている『自ら育とうとする力』を発展させる」のだという。その結果、「集中力がついたり、自立することができる」のだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2017年6月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。