8年ぶりに「早稲田」が「明治」から首位奪還――高校生の大学志願度ランキング、東海エリアでは「名城」が相変わらずの強さ
拡大する(全2枚)

リクルートマーケティングパートナーズは7月13日、「進学ブランド力調査2017」の結果を発表した。


調査は4月6~28日、進学情報誌「スタディサプリ進路ブック」および、進学情報WEBサービス「スタディサプリ進路」の会員で関東・東海・関西エリアの高校に通っている2018年3月卒業予定の高校生6986人を対象に調査票で実施した。


■関東は私立、東海は国公立、関西は"関西"志向



関東エリアの学校に通う高校生に「志願したい大学」を聞くとトップ5は以下の結果になった。



1位 早稲田大学(13%)
2位 明治大学(12.5%)
3位 青山学院大学(10.2%)
4位 慶應義塾大学、日本大学立教大学(同率8%)


早稲田が9年ぶりに首位となり、2009年から8年連続1位だった明治が2位となった。


総合・男女別・文系を見ると早慶上智やMARCHが目立つが、理系だと2位に「東京理科大学」(8.7%)、6位に「東京工業大学」(7.4%)、8位に「北里大学」(6.4%)などの理系・医療系学部をメインに擁する大学がランクインしている。


続いて東海エリアの学校に通う高校生に聞くと、



1位 名城大学(11.2%)
2位 名古屋大学(10.9%)
3位 中京大学(7.6%)
4位 南山大学(7.2%)
5位 静岡大学(7.1%)


となった。名城大学は90年を超える歴史を持つ中部圏最大規模の総合大学で、今回で4回目の首位となった。調査開始以来、同大学は、前年を含め過去6回1位の「名古屋大学」と首位を競い合っている。


この記事の画像

「8年ぶりに「早稲田」が「明治」から首位奪還――高校生の大学志願度ランキング、東海エリアでは「名城」が相変わらずの強さ」の画像1 「8年ぶりに「早稲田」が「明治」から首位奪還――高校生の大学志願度ランキング、東海エリアでは「名城」が相変わらずの強さ」の画像2