【またかよ】相次ぐアルミ風船による列車トラブル 都営新宿線で朝のラッシュ時に運転見合わせ

【またかよ】相次ぐアルミ風船による列車トラブル 都営新宿線で朝のラッシュ時に運転見合わせ
拡大する(全2枚)

都営新宿線内で7月24日朝、アルミ風船が浮遊し、運転を見合わせるトラブルがあった。


アルミ風船はその材質上、通電する特性を持つ。1500ボルトの電圧が流れる地下鉄の架線に触れるとショートを起こし、断線する危険性もある。そのため、運転を止めた上で駅の係員ではなく、保安係員が撤去しなければならない。


■風船を見つけるまでに2時間、感電しない特殊な棒を使って撤去



東京都交通局の広報担当者に問い合わせたところ、詳しい経緯が明らかになった。8時47分、曙橋駅の係員が、線路内に飛ぶアルミ風船を発見。新宿方面に浮遊していたことから、9時2分に岩本町~新宿駅間で運転を見合わせ、岩本町~本八幡駅間は折り返し運転を実施した。9時34分に保守係員が現場に到着し、曙橋~新宿三丁目間で点検を行ったが風船は見つからず、10時45分に運転を再開したという。


しかしその直後11時に、点検をした方向とは逆の曙橋~市ヶ谷駅間で風船を発見したため、再度新宿~岩本町駅間で運転を見合わせ、11時21分に風船を撤去。11時23分に再開した。最初に駅係員がアルミ風船を見つけてから運転が全て再開するまで、2時間半ほどかかったことになる。


同担当者によると、アルミ風船の撤去方法はマニュアルがあるわけではなく、「保守係員がその場で臨機応変に判断」しているという。今回は、感電しない特殊な棒を使って風船を割り、ガスの抜けた風船を回収して対応した。作業自体は数分で終わるが、風船の場所を特定するのに時間がかかったため、大幅な遅れに繋がったという。


この記事の画像

「【またかよ】相次ぐアルミ風船による列車トラブル 都営新宿線で朝のラッシュ時に運転見合わせ」の画像1 「【またかよ】相次ぐアルミ風船による列車トラブル 都営新宿線で朝のラッシュ時に運転見合わせ」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク