【若者の理想の働き方】憧れる上司は「残業ゼロで定時に帰宅しながら、成果を出している人」 夜遅くまで残業している人はダメ

【若者の理想の働き方】憧れる上司は「残業ゼロで定時に帰宅しながら、成果を出している人」 夜遅くまで残業している人はダメ

総合人材サービスのパーソナルプロセス&テクノロジーは8月9日、社会人1年目~3年目のオフィスワーカーを対象に行った「若者の理想の働き方」の調査結果を発表した。


調査は今年6月、東京、大阪、名古屋で社会人3年目までの22歳~29歳を対象に実施。男女合わせて300人から回答を得た。


■理想の通勤スタイル「ラッシュ時間を避ける」「業務内容で勤務場所を決定できる」



「上司として憧れるタイプ」を聞くと、「残業ゼロで定時に帰宅しながら、成果を出している人」(B)が82%で、「夜遅くまで残業でバリバリ働きながら、成果を出している人」(A、8%)を圧倒的に上回る。しかし「最も身近な上司のタイプ」では、Bは28%、Aは34%と、理想と現実のギャップは大きい。


「理想的な通勤スタイル」について聞くと、「通勤ラッシュ時間を避けて出社する」(62%)が最多。「台風や大雨の日には在宅勤務が利用できる」「訪問先が自宅の近くの場合出社せず訪問先へ直行直帰」(共に52%)や、「業務内容によって勤務場所を自分の意志で決定できる」(47%)が続く。社会人3年目までの若手社員は、通勤によるストレスを避け、働き方に応じて柔軟な通勤スタイルを求めているようだ。


「1日の理想の睡眠時間」を聞くと、「8~9時間程度」が最も多い45%。次が「6~7時間程度」で41%だった。また「理想の通勤時間」では、「20~30分未満」(41%)が最多で、次いで「10分未満」(22%)となった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2017年8月10日の社会記事
「【若者の理想の働き方】憧れる上司は「残業ゼロで定時に帰宅しながら、成果を出している人」 夜遅くまで残業している人はダメ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    出来ルなら 皆 やってんだよ? ファンタジーは半島だけで言え┐( ̄ヘ ̄)┌

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。