児童虐待による死亡、1年間で52人 「継父の暴力で次女が死亡」「生活保護を受ける両親が長男を放置」

児童虐待による死亡、1年間で52人 「継父の暴力で次女が死亡」「生活保護を受ける両親が長男を放置」
       

厚生労働省は8月17日、「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第13次報告)」と2016年度の「児童相談所での児童虐待相談対応件数」を発表した。


「第13次報告」によると、2015年4月~2016年3月までの1年間で、虐待によって死亡した子どもは52人だった。重傷を負った子どもは8人で、心中によって死亡した子どもは32人だった。


虐待の動機は「子どもの存在の拒否・否定」「泣きやまないことにいらだった」など



虐待の類型としては、身体的虐待(35人)とネグレクト(12人)が多かった。ネグレクトの中でも「家に残したまま外出する、車中に置き去りにする」が特に多く、他には「遺棄」「必要な医療を受けさせない」といった事例が報告されている。


主な加害者は「実母」が26人で最も多く、次いで「実父」が12人だった。心中の加害者はほとんどが実母(29人)だった。


虐待の動機としては、「保護を怠ったことによる死亡」が6人で最も多く、「しつけのつもり」「子どもの存在の拒否・否定」「泣きやまないことにいらだった」がそれぞれ5人だった。心中の動機は、「保護者自身の精神疾患、精神不安」(13人)が中心で、「育児不安や育児負担感」(11人)も多かった。


虐待をしてしまう背景には望まない妊娠があるのかもしれない。虐待によって死亡した事例では、「予期しない妊娠/計画していない妊娠」が18人おり、「妊婦検診未受診」(17人)、「若年(10代)妊娠」(13人)も多い。


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「児童虐待による死亡、1年間で52人 「継父の暴力で次女が死亡」「生活保護を受ける両親が長男を放置」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    親の拒否があっても保護できる法律にしてください。

    3
  • 匿名さん 通報

    底辺貧乏夫婦が離婚、出産、金の喧嘩で、挙げ句の果てに子供まで悪影響を与えて、日本のレベルを下げる。政府も悩んでいる。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「生活保護」に関する記事

「生活保護」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「生活保護」の記事

次に読みたい「生活保護」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。