医師の長時間労働に「見ていられない」の声 「徹夜明けの医者に手術されるのか」と不安に思う人も

医師の長時間労働に「見ていられない」の声 「徹夜明けの医者に手術されるのか」と不安に思う人も

やはり医師は過酷な長時間労働を強いられているようだ。8月22日、はてな匿名ダイアリーに「医師の働き方がしんどそうすぎて見ていてつらい」という投稿があった。投稿主は、「西日本地方都市のそれぞれ異なる自治体で働く3人のアラサー医師」から聞いた話を元にエントリーを書いたという。


投稿主がまず驚いたのは、月に3~4回ある「当直」の過酷さだ。当直の日は、



「8時半から働いて、そのまま当直で病院に残り、なにもなければ宿直室で眠れるけれどそんなことはなくて何度もたたき起こされて診察・処置する。そのまま朝を迎えて、(中略)日中勤務して、夜帰る」


のだという。


「過労・睡眠不足の状態で適切な判断ができるだろうか」



それに加えて、月に5~6回は「待機」というものがある。「待機」とは、夜間や土日にすぐ出勤できるよう、「オンコール」の状態でいることを指す。お酒も飲めず、遠出も出来ないが、呼び出されなければ勤務時間とはみなされない。


さらに、暦上休日にあたる土日に出勤する「日直」も月に2回ほどある。こうした医師の働き方を耳にした投稿主は、「一週間にどれくらい働いているんだろう…」と戸惑っている。


医師は仕事の計画を立てることもできない。「患者さんの数や救急車や急患の状況によってはかんたんに22時を超えるし、時間だけでなく自分で計画をたてにくい」のだ。さらに、上司が資格取得に影響を持つためパワハラが起きやすかったり、病気を患った患者さんとのコミュニケーションが大変だったりと苦労は絶えない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2017年8月25日の社会記事
「医師の長時間労働に「見ていられない」の声 「徹夜明けの医者に手術されるのか」と不安に思う人も」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    バカが夜中の救急外来をコンビニと間違えて受診するからな。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。