働く人の約6割が「強いストレス」抱える 臨時・日雇労働者のストレス源1位は「仕事の失敗・責任の発生」

働く人の約6割が「強いストレス」抱える 臨時・日雇労働者のストレス源1位は「仕事の失敗・責任の発生」
拡大する(全2枚)

厚労省は9月7日、労働安全衛生調査の結果を発表した。働く人の約6割が何らかのストレスを抱えていることや、雇用形態によってストレスの内容が異なることが分かった。


■正社員のストレス源1位は「仕事の量・質」



調査は事業所と労働者それぞれに実施。仕事に関して「強いストレスになっている事柄がある」と感じている労働者は、59.5%と、前回2015年度の調査時より3.8%増加した。


ストレス源は1位「仕事の量・質」(53.8%)、2位「仕事の失敗・責任の発生等」(38.5%)、3位「対人関係(セクハラパワハラを含む)」(30.5%)だったが、就業形態別に見ると別の傾向も出ている。正社員では「仕事の量・質」(56.7%)が最多で、次いで「仕事の失敗、責任の発生等」(39.1%)、「会社の将来性」(27.5%)が上位に来た。


しかし、臨時・日雇労働者らの回答で最も多かったのは「仕事の失敗、責任の発生等」(79.2%)で、次が「対人関係」(28%)、「雇用の安定性」(27.6%)と、正社員や全体の結果と差異が見られる。雇用期間に限りがある臨時・日雇労働者たちにとって、いかにミスを発生させず雇われ続けるかという仕事の継続性は重要で、かつ、大きな不安材料になっていると推測できる。


ストレスを感じたとき相談する相手がいる人は全体の91.1%で、そのうち実際に相談した人は85%だった。多くは友人や家族、上司や同僚に話をしているようだ。相談を通してストレスが解消された人は31.7%ほどだが、「解消されなかったが、気が楽になった」と、相談の効果を感じた人は60.3%に上った。


この記事の画像

「働く人の約6割が「強いストレス」抱える 臨時・日雇労働者のストレス源1位は「仕事の失敗・責任の発生」」の画像1 「働く人の約6割が「強いストレス」抱える 臨時・日雇労働者のストレス源1位は「仕事の失敗・責任の発生」」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。