もやし安すぎ問題、未だ解決せず スーパーで投げ売り状態、生産者のみならず原料豆の卸売り業者も廃業

もやし安すぎ問題、未だ解決せず スーパーで投げ売り状態、生産者のみならず原料豆の卸売り業者も廃業

もやし生産者が依然として厳しい状況に立たされている。東京商工リサーチが9月26日に明らかにしたところによると、もやし原料豆等の卸売りを手掛ける大西商事(兵庫県)が13日までに倒産した。


同社はピーク時の1991年6月期には売上高約7億円を計上していたが、近年は年間売上高3億円で推移。豆の価格高騰もあり、今年4月には事業を停止していた。


もやしの販売価格はこの40年ほぼ変わっていない。生産者はコスト削減に励んできたが、生産者や関連企業で作る工業組合もやし生産者協会は「これ以上の経費削減への努力はすでに限界を超え、健全な経営ができていない状況」にあるとし、今年3月、サイト上に「もやし生産者の窮状について」という文書を掲載していた。


同協会の担当者は、「今回の卸売り業者の倒産は、こうしたもやし生産者を取り巻く状況と関連があるのではないか」との見方を示している。


■スーパーでは激安もやしが「客寄せ」に使われているケースも



野菜は通常、収穫の時期や量によって価格相場が決まる。しかし、同協会によると、工場野菜であるもやしは天候に左右されず1年を通して安定した供給ができるため、他の野菜のような相場はない。小売業者への納品価格は、生産者と業者の直接交渉で決定しているそうだ。


小売り業者がどの生産者から仕入れるか決める際に重要になるのが仕入れ値だ。生産者には、業者から取引中止を言い渡されることを恐れ、先方の希望額まで値下げして売る人もいるのが現状だという。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2017年9月27日の社会記事
「もやし安すぎ問題、未だ解決せず スーパーで投げ売り状態、生産者のみならず原料豆の卸売り業者も廃業」の みんなの反応 1
  • 匿名 通報

    あんな価格「安い安い」と何も考えず?買える人は正直商売をしたことのない人ではないかと...。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら