魅力的?それとも… 「クリスマスパーティーをする会社」

 「プチケーキのようなもの、ドーナツ、スタバのコーヒーなどふるまわれます。小さいイベントですが、このイベントの評判はなかなかいいです」(40代の男性契約社員)

 ただ、イケイケドンドンの仕事の延長線上でイベントをやる職場ばかりではない。過酷な顧客対応の息抜きに、イベントを使うところもある。こうした職場で働く人たちにとっては欠かせない工夫だ。




ストレスたまるコールセンターでは「仮装パーティー」


 損保ジャパンでクレーム対応のコールセンターで契約社員として働いていた20代の女性は、そんな楽しい機会を設けてくれた会社に感謝していると言う。


 「クリスマスのイベントが課をあげてあったので、仮装したりお菓子を食べたりして大変盛り上がります。仕事内容が事故対応と、どうしてもピリピリするものなので、イベントを大々的にやったり、お茶会を催して愚痴ったり改善策を意見したり、息抜きの機会を作って頂きました」

 しかし、次第に「男性社員(総合職)の墓場のような職場」の色合いを強め、契約社員の待遇が下がり業務量も激増、体調を崩したので退職したと言う。楽しいイベントも一時の気休めだったということだろう。


 以前は派手にイベントを行っていたが、ここ数年の業績不振で取りやめてしまったという会社もある。日本マイクロソフトでシステムコンサルタントとして働く30代の男性社員は、かつての華やかさを懐かしんでいる。


 「以前はクリスマスパーティーが高級ホテルで開催されていて、社員と家族のモチベーションアップに寄与していたと思うが、社長が変わってから廃止になってしまったのは残念」

 なるほど、外資系企業はパーティーも家族連れらしい。純粋培養された企業戦士の館である日本企業には、家族を招き入れる発想はあまりなさそうだが…。いや、「社員は家族」と考える中小企業や製造業の中にはあるだろうか。

 【その他の企業徹底研究の記事はこちら】

 *「キャリコネ」は、社員が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などを共有するサイトです。2012年10月末現在、37万社、20万件の口コミが登録されています。


 


 

この記事の画像

「魅力的?それとも… 「クリスマスパーティーをする会社」」の画像1 「魅力的?それとも… 「クリスマスパーティーをする会社」」の画像2
編集部おすすめ
キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク