テレワーク・デイ実施で豊洲駅の人口が最大2割減 特に働き盛りの40代男性の減少が顕著

テレワーク・デイ実施で豊洲駅の人口が最大2割減 特に働き盛りの40代男性の減少が顕著

今年7月に総務省が旗振り役となって実施された「テレワーク・デイ」の検証結果が、10月6日公開された。実施当日、10時台の人口が最も減ったのは東京都・豊洲で、14.9%の減少だった。


テレワーク・デイは、2020年の東京オリンピック開会日である7月24日に設定されている。初回の今年は東京を中心に632企業が参加し、うち83団体、3万3710人が効果測定に協力している。


■浜松町は13.6%、品川は5.1%減 ヒカリエ周辺でも出勤率が減少



日本ユニシスやSCSKなどのIT関連企業を中心に、約4900人が参加した豊洲では、朝8時台の乗客数が昨年の同時期と比べ10%減少した。


ドコモ・インサイトマーケティングの調査によると、豊洲の10時台の人口は7月平均と比べ14.9%も減っており、当日同時点の人口減少率で1位を記録した。2位は浜松町で13.6%減、3位は品川で5.1%減だった。年代・性別に着目すると、最も人口が減ったのは40代男性だった。


ソフトバンクとAgoop社の分析では、朝7時から9時、夜6時から8時の通勤ラッシュの時の豊洲駅の人口が、最大で2割減少していたことが判明した。KDDIの分析結果では、これまでに挙げた豊洲や浜松町以外の地域でも、渋谷区のヒカリエ周辺や新宿区の都庁周辺、千代田区の末広町近辺などで出勤率が5%以上減っていたと確認されている。


■テレワーク・デイの導入は「個人消費を高める効果がある」

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。