親をターゲットにした婚活サービスでトラブル多数 悪質業者から「子が結婚しないのは親の責任」と詰め寄られる

親をターゲットにした婚活サービスでトラブル多数 悪質業者から「子が結婚しないのは親の責任」と詰め寄られる
拡大する(全2枚)

「婚活」という言葉が一般化する前から、保護者が自分の子どもの結婚を心配するのはよくある光景だった。お見合い相手を紹介されたり、知人に相談したりと、子どもの行く末を案じるのは親心だろう。


しかし、こうした親心につけ込んだ結婚紹介サービス業者とトラブルになるケースが多発しているという。国民生活センターは10月19日、「結婚相手紹介サービスの、親への訪問や電話勧誘にご注意ください」との声明を発表し、注意を促した。


■最初は日本人を紹介すると言っていたのに途中からアジア系外国人を紹介



2017年9月30日までに同センターに寄せられた「親が関与する結婚相手紹介サービス」に関する今年度の相談件数は205件。2012年から減少傾向にあるが、このうち、「訪問販売・電話勧誘がきっかけとなった相談」の今年の割合は、現時点で52.2%と、既に昨年の46.4%を上回っている。


トラブルは、親が名義人となって子供に黙って契約してしまうものや、高額な解約料を請求されるものなどがある。親が契約する例では、クーリングオフ期間に解約されるのを防ぐため、子どもや周囲には契約を口止めされるケースもあるという。


40代の娘を持つ母親には、結婚相手紹介サービスに関する電話勧誘が数回かかってきた。断っても「娘が結婚しないのは親の責任だ」と責められ、一時は自宅まで勧誘に来られたそうだ。母親は、娘に結婚する気がないことを業者に伝えたが、それでも「娘に内緒で親が入会すればよい」などとしつこく勧誘されたという。


この記事の画像

「親をターゲットにした婚活サービスでトラブル多数 悪質業者から「子が結婚しないのは親の責任」と詰め寄られる」の画像1 「親をターゲットにした婚活サービスでトラブル多数 悪質業者から「子が結婚しないのは親の責任」と詰め寄られる」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク