中小企業の「働き方改革」、効果を実感する人は3割 「経営層が改革を必要と感じていない」ケースも多数

中小企業の「働き方改革」、効果を実感する人は3割 「経営層が改革を必要と感じていない」ケースも多数

ビジネスコミュニケーションツールを提供するワークスモバイルジャパンは10月19日、「中小企業働き方改革意識・実態調査」の結果を発表した。


調査は今年9月15日~10月2日の間、全国の18歳~59歳の中小企業に勤務する正社員を対象に実施。825人から回答を得た。


勤務先企業が働き方改革やそれに類する取り組みをすると答えた人は39.5%。しかし効果を実感する人は約3割にとどまり課題は残る。


■社会人経験年数が増えると効果を実感しにくくなる傾向



勤務先企業が働き方改革に取り組む目的を聞くと「長時間労働の是正」が66.0%で最も多い。そのほか、「社員のスキルアップ」(39.6%)、「労働生産性の向上」(32.8%)、「社員間コミュニケーションの円滑化」(31.3%)などが挙がった。


具体的な取り組み内容には、「時間外労働の上限設定」(46.0%)に次いで、「社員のスキルアップ施策」(31.0%)、「多様な勤務時間の導入」(26.1%)が多かった。


こうした取り組みの効果を「実感している」と答えた中小企業の従業員は、32.8%と3人に1人にとどまる一方、「どちらでもない」は39.9%と4割近くに上った。「効果がないと感じる」は27.3%だった。


効果の感じ方は社会人経験の年数によって異なる。「社会人経験3年以上5年未満」では44.7%が「効果を実感している」と答えたのに対して、「30年以上」では13.5%にまで落ち込み、「どちらでもない」は65.9%に上った。「15年以上30年未満」でも49.0%が「どちらでもない」と答えている。社会人経験年数が増えるにつれ、働き方改革への取り組みの効果を実感しにくくなる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中小企業 退職金
  2. 中小企業 退職金共済
キャリコネの記事をもっと見る 2017年10月23日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中小企業 + 退職金」のおすすめ記事

「中小企業 + 退職金」のおすすめ記事をもっと見る

「中小企業 + 退職金共済」のおすすめ記事

「中小企業 + 退職金共済」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュース

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら