大手個別指導塾で講師に約400万円の賃金未払い 原告は「講師になった教え子にこれが当たり前だと思ってほしくない」と訴え

大手個別指導塾で講師に約400万円の賃金未払い 原告は「講師になった教え子にこれが当たり前だと思ってほしくない」と訴え
拡大する(全3枚)

個別指導塾「TOMAS(トーマス)」を経営するリソー教育が休日手当や事務作業への給与を適正に支払っていなかったとして、元講師の檜垣慶太さん(43)は11月2日、同社を相手に未払い賃金約402万円の支払いを求めて、東京地裁に提訴した。


日報書き換えで割増賃金が支払われず、事務作業への給与も未払い



訴状などによると、檜垣さんはトーマスの千葉校で2014年4月から2017年3月まで講師として勤務していた。タイムカードによる労働時間の管理は行われておらず、講師自ら手書きの日報を提出することで、コマ数や事務作業の時間が管理されていたという。


しかし第三者によって、日報が書き換えられていたことが判明。例えば、週1日は休日があったことにするために、休日の授業が平日に書き換えられていた。このため、休日手当が適正に支払われていなかった。また長時間に渡った勤務の一部が別の日に計上されていたため、超過分の手当が支払われていなかったという。リソー教育は、日報の書き換えを認め、未払いの休日手当の一部を支払っている。


また檜垣さんは、自習を希望する生徒のために2015年4月から2016年2月までは朝8時に、2016年3月以降は8時40分に出勤し、授業の始まる9時20分まで、開錠や電話対応をしていた。


しかしこの分の事務作業手当も支払われていない。他にも、授業後の社員によるノートチェックや授業の合間に行われるミーティング、生徒からの質問対応やカリキュラム作成に対する給与も支払われていないという。


この記事の画像

「大手個別指導塾で講師に約400万円の賃金未払い 原告は「講師になった教え子にこれが当たり前だと思ってほしくない」と訴え」の画像1 「大手個別指導塾で講師に約400万円の賃金未払い 原告は「講師になった教え子にこれが当たり前だと思ってほしくない」と訴え」の画像2 「大手個別指導塾で講師に約400万円の賃金未払い 原告は「講師になった教え子にこれが当たり前だと思ってほしくない」と訴え」の画像3

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「大手個別指導塾で講師に約400万円の賃金未払い 原告は「講師になった教え子にこれが当たり前だと思ってほしくない」と訴え」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    https://t.co/e8kZHODiNW

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。