読解力がなければ「AIに職を奪われる」 教科書を正しく読めない中高生が多数いることが明らかに
拡大する(全3枚)

中高生の中に、教科書や新聞の文章を正確に把握できていない生徒が多数いる懸念が出てきた。国立情報学研究所の新井紀子氏を代表とする研究チームが、2016年4月から今年7月にかけて実施したリーディングスキルテスト(以下RST)から明らかになった。全国の中高校生を中心に約2万4000人が受験した。


RSTは、教科書や新聞に載るような200字未満の短文を読み、その論理構造を正しく理解できているか見るテスト。被験者の事前知識の多寡に左右されずに、読解力を見ることができる。


■主語と目的語を正しく捉えているか、同じ意味を持つ文かどうかの判断に暗雲



調査では、係り受けや同義文など7項目に関して測定した。例えば、主語と目的語を把握できているかを調べる「係り受け」の問題では、



「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」


という文を読み、「オセアニアに広がっているのは(空欄)である」の空欄内に入る言葉を



1:ヒンドゥー教 2:キリスト教 3:イスラム教 4:仏教


の選択肢から選ぶ。正解は2番のキリスト教だが、中学生の正答率は62.4%、高校生の正答率は72.1%だった。


提示された文章と同じ内容を選ぶ「同義文」では、



「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」
「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」


この記事の画像

「読解力がなければ「AIに職を奪われる」 教科書を正しく読めない中高生が多数いることが明らかに」の画像1 「読解力がなければ「AIに職を奪われる」 教科書を正しく読めない中高生が多数いることが明らかに」の画像2 「読解力がなければ「AIに職を奪われる」 教科書を正しく読めない中高生が多数いることが明らかに」の画像3