20代フリーター「月収20万以下」が7割 「安心できる額」はやっぱり21万円以上

20代フリーター「月収20万以下」が7割 「安心できる額」はやっぱり21万円以上

20代フリーターの実際の給料と理想はどの程度乖離しているのだろうか。人材会社レバレジーズは、11月16日「20代フリーターを対象にした給与に関する意識調査」の結果を公表。調査はインターネットで10月30日~11月5日まで、同社運営サイト「ハタラクティブ」の登録者・男女438人から回答を得た。


現在の月収と共に、「実際にいくら稼げば安心と感じるのか」「10年後に稼ぎたい給与」などを訊いている。(文:okei)


■男女別、実家か一人暮らしかでも違う「安心できる額」



まず、「現在の月収」で一番多いのが16~20万円(33.9%)。次いで21~30万円(25.8%)と一旦は上がるが、10万円以下(25.5%)、11~15万円(13.4%)と続く。72.8%が20万円以下で、31万円以上はわずか1.3%だった。


国税庁の「平成28年分 民間給与実態統計調査(統計表)」から20代の平均賃金を見ると、およそ22万円なので、7割近くが平均を下回っているということだ。


レバレジーズの調査では「今、安心できる月収(衣食住に不自由がない)」を聞いたところ、全体で約6割の人が「21~30万円」としている。男女別で見ていくと、男性の方が高い金額をあげる傾向にある。男性では「31万円以上」が26.8%だったが、女性(10%)と比べて15ポイント以上多い。女性では「16~20万円」と回答した人が22.5%いた。


実家暮らしより生活費がかかるぶん、やはり1人暮らしのほうが「安心できる月収」は高くなっている。両者で1番多かったのは「21~30万円」で、実家暮らしでは63.1%、1人暮らしでは53.8%に上った。しかし、1人暮らしでは「30万円以上」とする人が26.6%。一方、「20万円以下」と答えた割合は実家暮らし(25.3%)が1人暮らし(19.6%)を上回った。

...続きを読む

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2017年11月18日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。