平田オリザ、劇団をセクハラのダシに使われ激怒 「劇団の名前を犯罪行為に使われ、はらわたの煮えくりかえる思い」

平田オリザ、劇団をセクハラのダシに使われ激怒 「劇団の名前を犯罪行為に使われ、はらわたの煮えくりかえる思い」

演出家の平田オリザさんが、自身が主宰する劇団「青年団」をセクハラのだしに使われたことに激怒している。同じく演出家の市原幹也さんが青年団の舞台に出演できるよう口利きをすると匂わせ、セクハラを行っていたというのだ。


平田さんは12月21日、青年団の公式サイトに「市原幹也氏のセクハラ問題について」という文書を投稿し、



「私個人としては、劇団の名前を犯罪行為に使われたわけですから、はらわたの煮えくりかえる思いです。被害者の受けた心の傷は長く癒えることはなく、またセクハラは再犯性が強いので、市原氏には二度と演劇界には関わって欲しくないと個人的には思います」


と怒りを露わにした。


「青年団のキャスティングについて、口利きといったことは存在しません」



文書によると、平田さんと市原さんはほとんど面識がなく、市原さんが青年団の活動に関わったこともないという。市原さんが「青年団の舞台に立たせてやる」と言っていたことについては、



「青年団の公演のキャスティングは、私が一元的に担っており、劇団内でも最高機密事項として、制作陣にも相談することはせずに決めています。ですから口利きといったことは、そもそも存在しません」


と否定した。青年団はセクハラ・パワハラに厳しい規定を設けており、劇団員が講師を務めたり、客演をしたりするときも異性の参加者と個別に食事をしないように徹底しているという。


「青年団での仕事を紹介してあげる」「俺と寝たら売れさせてやる」


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2017年12月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら