資格取得しても働けない「資格難民」の実態 結局「条件にあう募集が少ない」「未経験は不利」?

資格取得しても働けない「資格難民」の実態 結局「条件にあう募集が少ない」「未経験は不利」?
       

トレンド総研は1月11日、資格とキャリアに関する意識・実態調査の結果を発表した。調査は昨年12月にインターネットで実施し、「資格難民」である20~30代の女性500人から回答を得た。


「資格難民」とは、就職・転職のために資格を取得したが、資格を活かした職業に就けていない人のこと。調査元は、有効求人倍率が1974年以降の高水準であるにも関わらず、資格難民が存在していることを挙げ、



「人によっては、資格の勉強に集中するため前の仕事を辞めてしまい、その後も新しい職が見つからない、というケースもみられるようです」


とコメントしている。


■取得理由は「長く続けられそうな資格だから」「今までと違う仕事がしたいから」



資格を取得したタイミングを聞くと、「学生時代に取得した」が最も多く44%。次いで「仕事をしながら」(35%)、「退職して勉強に専念」(13%)と続く。具体的に資格取得の背景を聞くと、



「現在の仕事を何歳まで続けられるか不安になり、長く続けられそうな医療事務の資格を取った」(27歳・会社員)
「出産・育児で働けない時期に、今後のために就職に有利な資格をと思い、ファイナンシャルプランナーの勉強をはじめた」(39歳・パート)


など、今後働き続けるために取得したという声が上がっている。他にも、「今までとは違う職種で働きたいと思い、簿記の資格を持っていると有利だと感じた」(32歳・専業主婦)とキャリアチェンジに役立つと思ったから、という声もあった。


キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「資格取得しても働けない「資格難民」の実態 結局「条件にあう募集が少ない」「未経験は不利」?」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    折り込みチラシはとにかくやめた方が良いょ。 仕事なんかあるはずもないし、その程度で取れる資格に価値もないから。

    3
  • 匿名さん 通報

    難関資格ですら、長期的にはAIによる代替可能性が取り沙汰されるようになっているから、資格頼みはマジ危険。あと、独立系の資格は結局のところ自営業だから、自分に営業的センスがあるかどうかも確認すべき。

    2
  • 匿名さん 通報

    基本 各省庁の天下り先 取るならCFP と TOEFL 就労 永住有利 

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。