実質賃金が2年ぶり下落 「アベノミクスっていつ結果出るの?」という声が相次ぐ

実質賃金が2年ぶり下落 「アベノミクスっていつ結果出るの?」という声が相次ぐ

厚生労働省が2月7日に発表した毎月勤労統計調査によると、2017年の実質賃金は16年に比べて0.2%減少し、2年ぶりのマイナスになった。名目賃金にあたる現金給与総額は0.4%増加したものの、物価の伸びに賃金の伸びが追い付いていない状況だ。


この報道を受け、「アベノミクス失敗」「私が死ぬまでにアベノミクスって結果出るの?」と経済政策の見直しを求める声が相次いでいる。


「やがて実質賃金も上昇する…を繰り返すエコノミストって何年言い続けるつもり?」



アベノミクスは、"富裕層や大企業が豊かになることで、雇用創出などを通じて国民全体が豊かになる"というトリクルダウンを目指していると言われることが多い。しかしトリクルダウンが起きる気配がないため、



「アベノミクスにより最低賃金・失業率・株価は軒並み改善しており、これからアベノミクスの果実が全国津々浦々に届けられ、やがて実質賃金も上昇するだろう…を繰り返すエコノミストって何年言い続けるつもりかね」


と批判する声もあった。


「信者が『2年で2%』未達に触れられず、『景気が実感できないのは当たり前』とか『有効求人倍率!』を連呼するのがうざい」という人も。確かに、有効求人倍率は8年連続で上昇しており、2017年平均は前年比0.14ポイント増の1.5倍だった。また完全失業率も7年連続で低下しており、2017年はわずか2.8%だった。


しかし有効求人倍率が高く、完全失業率が低いのは単に生産年齢人口が減っているからではないかという指摘もある。一方、日銀が掲げてきた物価上昇2%は一向に達成される気配がない。アベノミクスを支持する人には、こうした点にも目を向けてほしいということだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年2月8日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「総務省」のニュース

次に読みたい関連記事「総務省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。