プチ整形ブームにコラムニストが苦言 「みんな若くなきゃいけない? 頑張って生きてれば老けるんですよ!」

プチ整形ブームにコラムニストが苦言 「みんな若くなきゃいけない? 頑張って生きてれば老けるんですよ!」


「鼻を少し高くしたい」「シワをなくしたい」など、周囲に分からない程度の美容整形をしてみたいという人が増えています。なかでも顔にメスを入れずに行える「プチ整形」は、最近では本格的な美容整形より人気が高いとのこと。


プチ整形を行うのは若い女性だけでなく、男性や子育てが終わった中高年もおり、実は7割がシニア。しかし、その気軽さからは考えられない、深刻なトラブルに見舞われるケースがあるようです。6月21日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS)は、プチ整形の恐ろしいリスクを伝えていました。(文:篠原みつき)


■注入剤が血管をつまらせ、皮膚の壊死や失明招く


いま問題となっているのは、「フィラー」と呼ばれる注射器で注入剤を入れるプチ整形。ヒアルロン酸や歯の成分と同じ注入剤を入れ、ほうれい線を消したり、あごや鼻の形を整えたりするそうです。


ところが、これを行った人の一部に皮膚の壊死や失明など、深刻なトラブル起きています。日本形成外科学会の細川理事長は最悪の事例について、「基本的には失明が一番ひどいと思います。壊死にしても、たくさん打てば広い範囲で壊死になることになる」と説明します。


形成外科の学術雑誌に掲載された論文には、鼻を高くするためにカルシウムハイドロキシアパタイトを含んだ注入剤を鼻根部に入れたところ、直後からふらつきや視力の低下が起こり、鼻の一部の皮膚が壊死。同時に右目の失明に至った事例が報告されました。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2016年6月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。