「結婚はいいけど子どもは絶対に作らないで」 保育士業界の闇、プレッシャーで中絶に追い込まれた女性も

「結婚はいいけど子どもは絶対に作らないで」 保育士業界の闇、プレッシャーで中絶に追い込まれた女性も

「子どもができてすみません」――保育士として働く妻の勤め先で決められた妊娠の順番を破ってしまったために、夫婦で謝罪に行ったという夫からの新聞投書が「闇が深い」と話題になっている。


普通の感覚からすると信じられない話だが、残念ながら保育士の世界ではこうした理不尽がまかり通っているのが実情だという。保育の現場で働いていた女性たちに話を聞いた。(取材・文:千葉こころ)


「そんな身体で仕事できるの?」 無理して働いて切迫流産で入院



以前、保育士として働いていた福島千鶴さん(仮名/30代)が妊娠に気づいたのは、保育園に勤務して8年目の冬。当時担任をしていた5歳児は0歳から受け持ってきた子どもたちだったこともあり、翌年、子どもたちの卒園を見届けて退職し、自分の子どもを持つ計画をしていた矢先だった。



「うちの園では順番こそなかったものの、結婚の報告時に園長から『妊娠には気をつけて』と言われていました。子ども相手で危険というのが表向きの理由でしたが、実際は人手不足で代わりの人員を用意できないから。『もし子どもを作りたいなら、退職するか、担任を降りるか』と釘を刺されていたので、主人と話し合い、翌年の退職を考えていました」


思いがけない妊娠に悩んだ福島さんだが、すでに来期の契約更新を済ませた後だったこともあり、「担任を降りてもいいから、あの子たちを送り出したい」と、園長に相談に行った。ところが、園長から返ってきたのは思いがけない言葉だった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年3月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。