契約が取れれば20代後半で年収1400万円!? インセンティブ制度で広がる可能性

契約が取れれば20代後半で年収1400万円!? インセンティブ制度で広がる可能性
拡大する(全2枚)

求人票でよく見かける「固定給+インセンティブ」という表記。インセンティブとは、会社側で決められた目標を達成した社員に、通常の給与とは別に支払う報奨金のこと。金額の設定は企業によってさまざまだが、仕事の成果に応じてインセンティブが入るとなれば、働く意欲も増すだろう。


インセンティブ制度は成果が数字に表れやすい営業職で採用されることが多いが、企業口コミサイト「キャリコネ」では、インセンティブで年収がはるかに増えたという喜びの声も寄せられている。(※参照元 キャリコネ インセンティブ)


■「入社してわずか数ヶ月で月収100万円を超える社員も少なくありません」




「営業職は単月毎にインセンティブ支給のチャンスがある。また、四半期毎に支給されるインセンティブもあり業績がよければかなりの収入となる。業績連動型の賞与査定となっており、良い成績が残せればボーナスはかなり期待出来る。30代前半で1000万以上の年収を得ることも可能であり、報酬は多くの社員のモチベーションとなっている」(代理店営業 20代後半 男性 600万円)
「インセンティブに上限がないため、やればやるだけ自分の給料に直接つながる面白さがあります。実際に、入社してわずか数ヶ月で月収100万円を超える社員も少なくありません。私はコンスタントに稼げるようになるまで半年以上かかりましたが、今では毎年、年収1000万円以上稼げるようになりました」(法人営業 30代後半 男性 1100万円)
「営業未経験、業種未経験、高卒、自動車運転免許以外の資格なしの私ですが、入社2年目にして年収1400万円超えました。報酬が高いことの理由は、商品が売りやすくてお客様に喜ばれるものだからということ、インセンティブに上限がないこと、社内キャンペーンなどで会社が売上を還元してくれること、が大きいと思いますが、先輩や上司のサポートが厚いことも大きな理由だと思います」(法人営業 20代後半 男性 1400万円)


この記事の画像

「契約が取れれば20代後半で年収1400万円!? インセンティブ制度で広がる可能性」の画像1 「契約が取れれば20代後半で年収1400万円!? インセンティブ制度で広がる可能性」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク