主婦の夏のボーナス使い道、「貯蓄」「ローンの支払い」が半数以上 希望額は40~50万円だが、実際の支給額は20~30万円未満

主婦の夏のボーナス使い道、「貯蓄」「ローンの支払い」が半数以上 希望額は40~50万円だが、実際の支給額は20~30万円未満

7月に入り、ボーナスが楽しみな時期になった。給料が月に2度もらえることになるので、心躍る人は多いだろう。


三菱 UFJ リサーチ&コンサルティングが 2016 年 4 月に実施した調査によると、事業所規模5人以上の民間企業の同年夏のボーナス支給額は2年ぶりに増加し、一人当たり平均 35 万 8409 円と予想されている。


家計に入ってくる今夏のボーナスを主婦たちはどう使うのだろうか。凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、同サービスを利用する全国の既婚女性 3万67 名を対象に 今夏のボーナスに関する意識調査を実施。7月1日に結果を発表した。


■「家計が苦しい」が8割、「ボーナスが出る見込みがない」も5割



直近1年間の景気について聞くと、主婦の約8割が「収入が減少、もしくは変わらない」、「家計は楽になっていない」と回答。前年以上に収入が増えず、家計が苦しいと感じている主婦が多い現状が明らかとなった。


さらには主婦の51%が夏に「ボーナスが出る見込みがない」と回答しており、半数以上の家庭ではボーナスそのものの支給がないという。


ボーナス支給がある家庭でも、希望額と支給見込み額にはギャップがある。希望額で最も多かったのが「40万円~50万円未満」であるのに対し、支給見込み額の最多が「20~30万未満」であり、希望額と支給見込み額の間には20万円前後の差が見られる。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2016年7月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。