山口達也「またTOKIOとしてやっていけたら」謝罪会見で語る 「事件性あるとは思ってなかった」ともコメント

山口達也「またTOKIOとしてやっていけたら」謝罪会見で語る 「事件性あるとは思ってなかった」ともコメント
       

今年2月に強制わいせつの容疑で書類送検されていたTOKIOの山口達也さんが、4月26日、都内のホテルで会見を開いた。山口さんは黒いスーツで表れ、報道陣に深々と頭を下げた。会見には、ジャニーズ事務所の顧問弁護士が同席し、事実関係の説明があった後、山口さん本人が報道陣の質問に応じた。


会見では、山口さんが今後、無期限の謹慎に入ることも明かされた。


「怒ってくれるのもTOKIOのメンバーくらいしかいない」



山口さんはお酒の飲み過ぎで肝臓の数値が悪化し、1月15日頃から入院していた。被害が発生した2月12日は退院の日で、朝の収録を終えて自宅に戻ったという。


夕方まで一人で相当な量を飲んでいたが、その後被害者に電話をかけて話し込み、家で話をしたいと誘ったという。自宅には、被害者とその友人の2人が来た。警察の話によると、自宅に呼んだのは20時頃だった。


その後、リビングで30分から1時間ほど話をしている際、被害者に強引にキスをしたとされている。山口さんはこの時のことについて「酩酊状態で記憶がない」そうで、被害者とその友人が帰ったことも、「目を覚ましたらいなかった」ことで気づいたという。


2月に発生した被害が今になって報道されたことについては、



「私のところに警察から連絡が来たのが3月末。すぐに3月末に取り調べが始り、記憶を思い起こすまで時間がかかった。内容が内容なだけに、こういうことがあったたと言うのが自分でも怖かった。誰に相談していいかも分からず、事務所には4月頭に相談した」


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。