AI活用で新入社員が辞めなくなる? 面談者が気づかない退職リスクを判定して成果が出た事例

AI活用で新入社員が辞めなくなる? 面談者が気づかない退職リスクを判定して成果が出た事例

FRONTEOは5月31日、独自に開発した人工知能(AI)エンジン「KIBIT(キビット)」が、新入社員の離職防止に効果を得られたことを発表した。


このAIを活用したのは医療事務関連サービスのソラストで、2017年6月上旬から人工知能(AI)を活用した新入社員の離職を防ぐ取り組みを行ってきた。


検証結果によると、AIによって退職リスクが高いと判定された社員に離職防止の追加フォローを行ったケースでは、それを行わなかったケースに比べ、離職率に有意な差が出ることがわかった。これによって、AIの有効性が確認できたという。(文:okei)


面談者が問題にしなかった人も、AIが「退職リスクが高い」と判定



ソラストでは全国5000人の新入社員を対象に、年7回のアンケート調査と面談を行っている。アンケートの自由記載欄のコメントをAIがテキスト解析することで、「面談者が見逃してしまうような文章や表現の機微を捉え、退職リスクを捕捉する」という。


人間だけでは、どうしても経験値や個人の判断力によって取りこぼしが生じるため、AIが人事の仕事を強力にサポートするというわけだ。


具体的には、面談者がとくに問題を感じなかった社員でも、AIが「退職リスクが高い」と判定した約100人を、無作為にAとBのグループに分けた。グループAの社員には、離職を防ぐための追加面談を行った上で、配置換えやシフト変更等の適切な対策を打い、グループBの社員には特別な追加措置はしていない。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年6月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。