AI活用で新入社員が辞めなくなる? 面談者が気づかない退職リスクを判定して成果が出た事例

その後、それぞれのグループの入社後3ヵ月間の退職者数を比較したところ、グループBの退職率は37%だったのに対し、グループAの退職率は16%に留まったという。


同社は、「この結果、KIBITは退職リスクが高い社員を抽出していることがわかり、同時に退職リスクが高い社員に適切な対策を打てば、退職を防ぐことができる可能性があることがわかりました」としている。


離職率の差は、面談や配置がえなど、丁寧な対策あっての成果だが、ピンポイントで効率よく対象者を抽出できたことは大きなメリットに違いない。


「管理するだけの管理職はAIで十分」という話も


技術の進歩は素晴らしいが、AIが「文章や表現の機微を捉える」ようになっては、もはや人事の仕事は必要なくなるのではと感じてしまう。


たとえば、堀江貴文と落合陽一の共著『10年後の仕事図鑑』(SDクリエイティブ)でも、AIの台頭で「なくなる仕事」の最初にあがったのが「管理職」である。人事はまさに人を管理するのが専門だ。落合氏は、



「管理するだけの管理職はAIで十分」


と指摘している。経営者ですら、ビジョンを語り人にモチベーションを持たせられる人間でないとAIに代替可能なのだという。


しかしそんなに気に病むこともない。今回の調査では、後でフォローするのは人間であり、実質的に動く人はまだまだ必要だ。AIは、離職リスクの察知や指示はできても、「この人と一緒に頑張りたい」と思わせることはできない。むしろAIにリスク抽出を任せることで、本来の生産的な仕事に集中できると喜ぶべきなのかもしれない。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年6月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら