やりがいあるけど深夜まで残業、早朝帰りもザラ 文部科学省職員のハードな日常

やりがいあるけど深夜まで残業、早朝帰りもザラ 文部科学省職員のハードな日常

「将来なりたい職業ランキング」などで上位に食い込むことも多い公務員。特に不況時などは大卒・高卒に関わらず人気の就職先となるが、売り手市場の近年も手堅い人気ぶりを誇っている。


 


当記事で取り上げるのは、文部科学省の職員たちの口コミだ。文部科学省は教育、科学技術・学術、スポーツ、文化の4つの分野を担当する行政機関。2020年東京オリンピック・パラリンピックや、ラグビーワールドカップ2019を前に、スポーツ振興の機運はますます高まっているが、2015年には外局としてスポーツ庁が発足した。


「基本的には長時間労働です。帰れないときは本当に帰れません」



学校教育や生涯学習など、教育に関連した部局が大きな部分を占め、人材育成のための未来志向の仕事を遂行している文部科学省。



中央省庁の間で差が出やすいのが残業・休日出勤の実態だが、文科省も幅広い業務を担っていることもあってか、「実際には定時退勤などありえないし、いくら残業しても1時間しかつかない。早朝まで仕事をして、2時間ほど家に帰りまた昼前に出勤なんてザラ。特に国会の会期中は皆交代でしていた」(20代後半 女性 300万円)と、大変そうだ。



「部署にもよりますが、勤務が深夜まで及ぶことも多いです。およそ2年ごとに異動しながら経験を積んでいきますが、専門性の蓄積が難しいと感じることがあります。自らプロジェクトを組み立てていくだけのゆとりがないこともあります」(30代後半 男性 850万円)


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年6月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。