18歳成人で成人式はいつになる?気を揉む人続出 「高校生のうちに振袖用意?」「1月は受験で参加できない」

18歳成人で成人式はいつになる?気を揉む人続出 「高校生のうちに振袖用意?」「1月は受験で参加できない」

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正民法が6月13日、参議院本会議で可決した。施行日である2022年の4月1日以降は、クレジットカードやローンの契約が、18歳から可能になる。


婚姻可能年齢が男女で統一されたり、公認会計士や司法書士の資格取得が18歳から可能になったり、様々な変化があるが、中でも注目されているのは成人式の開催時期だ。


18歳の1月だと「振袖レンタル料とか大学の入学金で親はエグいことになるのでは」



成人式は現在、各自治体が主催になり、その年度に20歳を迎える人を招待して行われている。降雪量の多い地域など一部自治体を除き、多くは1月の成人の日周辺で実施しているのが実情だ。


18歳を迎える年度の1月は、センター試験など進路選択に関わる重要なイベントが多い時期でもある。現在の慣習に倣い、成人する年度の1月に成人式を開催するとなると、成人式どころではない人も多くなるだろう。ネットでも、「高3の1月なんて受験シーズンでそれどころじゃないよ」と心配する声が多く出ている。


現在の成人式では、多くの女性が振袖で出席する。着物や小物の購入・レンタル、着付けや記念写真の撮影などを合わせると、数万~数十万かかることも珍しくない。新生活の準備と成人式のタイミングが重なると、金銭的な負担が一時的に大きくなることも懸念される。



「成人式も18歳なの?そうなると振り袖レンタル料とか、大学の入学金とかで親はエグいことになるのでは…」
「高校卒業前に成人式なの?高校生のうちに振り袖用意しないといけない?」

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年6月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。