職種別年収ランキング1位は「医師」、最大提示年収4800万円 人手不足でIT系専門職も多数ランクイン

職種別年収ランキング1位は「医師」、最大提示年収4800万円 人手不足でIT系専門職も多数ランクイン

ビズリーチは6月19日、求人検索エンジン「スタンバイ」に掲載している正社員求人約319万件を調査した「正社員職種別年収ランキング2018(提示年収の中央値 ベスト30)」の結果を発表した。


職種別年収ランキングの結果は1位「医師」、2位「プライベートエクイティ」、3位「ファンドマネージャー」「財務アドバイザリー」だった。


成果主義で評価される金融系専門職が9職種ランクイン



日本では年間約4000人ずつ医師は増えているが、依然不足している。病院では医師が夜勤や当直に対応し、激務状態になっている医院も多い。責任の重さやハードな仕事の対価として高年収が提示されている。


アクチュアリー、ストラクチャードファイナンス、プロジェクトファイナンス(全て6位)などの9職種がランクインした金融専門職。成果主義で評価されることが多く、利益率も高いため高給を得ていると思われる。


5位のCIOとは、経営戦略に沿ったIT投資計画の策定などに責任を持ち情報をマネジメントする「最高情報責任者」の事を指す。その他に、セキュリティコンサルタント(9位)、プロダクトマネージャー(18位)など、IT投資の増加と新技術の発展により人材不足となっているIT専門職5職種がランクインした。


戦略組織コンサルタント、経営関連の他に臨床開発などがランクイン


他には、戦略コンサルタント(9位)、組織コンサルタント(18位)もランクイン。外資系をはじめとしたコンサル会社は高収益の企業が多く、インセンティブの割合が大きい給与体系になっている。


12位にはCOO、CFOと、経営関連の職種が入った。市場のグローバル化で不確実性の高い経営環境の変化が進むなか、外部からプロ経営者を入れて経営改革を行う企業が増加していることが今回のランクインに繋がったと思われる。


また、食品工場長(12位)、臨床開発(17位)、公認会計士(27位)もランクイン。経験・専門性が求められる職種や、資格系専門職がやはり高年収のようだ。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年6月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。