Hagexさん刺殺、中川淳一郎氏が容疑者の動機分析 「はてなという居場所を奪われると恐れ、復讐を考えたのでは」

Hagexさん刺殺、中川淳一郎氏が容疑者の動機分析 「はてなという居場所を奪われると恐れ、復讐を考えたのでは」

ネットウォッチャーのHagexさんが6月24日、福岡市内で刺殺された事件はネットに衝撃を与えた。容疑者(42)が同氏と「ネット上でトラブルになっていた」と話していることから、殺害に及んだのは、はてな界隈で荒らし行為をしていたユーザー「低能先生」ではないかという見方が強い。


しかし、2人の間にあったやりとりは「トラブル」と言えるか疑問が残る。Hagexさんが「低能先生」に言及したのは今年5月のブログ記事で一度だけ。内容は、荒らし被害に遭った人向けのアドバイスが中心で、殺害を決心させるようなものには見えない。


Hagexさんと親しく、『ネットは基本、クソメディア』などの著書があるインターネットニュース編集者の中川淳一郎さん(44)は、容疑者の動機について「秋葉原通り魔事件の加藤智大死刑囚に似ていると感じます」と語る。


ユーザーを大事にする「はてな」だからこそ複アカ取り放題になってしまった



加藤死刑囚は、2ちゃんねるのスレッドで馬鹿にされたことをきっかけに無差別殺人に至ったと言われている。Hagexさんを殺害した無職の容疑者も「ネット漬けになっていたのだと思う」と分析する。



「大事な居場所である『はてな』でボコボコに通報されまくり、運営さえも自分に牙を向いたと思ってしまったのではないでしょうか。容疑者は自分の2、3つ下でほぼ同世代。僕らの世代は子どもの数が多くて競争が激しく、正社員になれない人もいる中でやっと見つけた居場所が『はてな』だった。それを奪われるのが怖くなり、奪った連中に復讐しようと考えたのではないでしょうか」


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年6月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。