「労災で精神障害」過去最悪、初の500件超え 医療・福祉関係の認定最多の86件

「労災で精神障害」過去最悪、初の500件超え 医療・福祉関係の認定最多の86件

厚労省は7月6日、2017年度の労災補償状況に関する調査結果を発表した。脳・心臓に関する労災請求が840件と、精神障害に関する請求が1732件と、過去最高を更新した。


支給決定件数は、脳・心臓に関する労災が253件、精神障害に関する労災が506件だった。精神障害の支給決定件数は初めて500件を超えた。


脳・心臓に関する労災認定受けた人の多くは60時間以上残業



脳・心臓に関する労災請求件数が最も多かった業種は、「運輸業・郵便業(道路貨物運送業)」で145件。2位は「サービス業」で68件、3位は「建設業」で45件だった。支給決定件数は、「運輸業・郵便業(道路貨物運送業)」が最多で85件。2位は「宿泊業・飲食サービス業」(19件)、3位は「サービス業」(16件)だった。


請求件数・支給決定件数ともに50代が最多で、次いで40代、60代と、高年齢層での認定が多い。10代の請求・決定件数は0だったが、20代は17件の申請があり、13件が認められた。


支給が決定した人の1か月の平均残業時間は、ほとんどが60時間を超えていた。「60時間以上80時間未満」が11件、「80時間以上100時間未満」が101件、「100時間以上120時間未満」が76件、「120時間以上140時間未満」が23件で、「160時間以上」というケースも20件あった。


セクハラで精神障害」認定は35件 昨年より6件増、すべて女性


精神障害に関する労災請求件数を業種別に見ると、最も多かったのは「医療・福祉(社会保険・社会福祉・介護事業)」で174件。うち9件は、未遂を含む自殺の件数だ。2位は「医療・福祉(医療業)」で139件、3位は「運輸業・郵便業(道路貨物運送業)」の84件だった。上位3つの顔ぶれは昨年と変わらず、医療・福祉関係の業種で精神障害の請求件数が多いことも、昨年と変わらない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年7月10日の社会記事
「「労災で精神障害」過去最悪、初の500件超え 医療・福祉関係の認定最多の86件」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「定額働かせ放題」法が施行されたら精神障害はさらに増えるでしょう。労働力は減って医療費は増える。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。