早朝出勤に疲弊する人々の声 「朝5時に出勤、退勤は22時」「お金は支払われずただのブラック」

早朝出勤に疲弊する人々の声 「朝5時に出勤、退勤は22時」「お金は支払われずただのブラック」

始業時間を早めて出勤する「早朝出勤」を奨励する会社が増えている。主な目的は、長時間労働の削減と通勤ラッシュの解消。朝の過ごしやすい時間帯に通勤し、定時よりも早い時間に始業する働き方は、社員の負担も少なく効率的に見える。


しかし早朝出勤によって逆に労働時間が増え、社員が疲労してしまうケースも。企業口コミサイト「キャリコネ」には、早朝出勤に関するリアルな声が寄せられている。【参照元 キャリコネ 早朝出勤】


「休日出勤も当たり前。朝4時の早朝出勤もある」 キツイ早朝出勤の実態




「役職がつくと早朝出勤をしたり、深夜遅くまでサービス残業をしたりとハードスケジュールで、精神的・肉体的にも自分には合わないと感じた」(技術関連職、30代後半、男性、正社員、年収360万円)



「早朝出勤がキツすぎる。毎日朝5時に出勤して、退勤は22時が平均的である」(カウンターセールス、20代前半、男性、正社員、年収200万円)



「典型的なトップダウン式で上司の意見が絶対。仕事も決して楽ではなく休日出勤も当たり前。早朝出勤(朝4時とか)も有、帰りづらい雰囲気」(施工管理、30代前半、男性、正社員、年収500万円)


1日17時間におよぶ長時間労働、早朝4時からの勤務など、早朝出勤によってさらにハードワークになっている現状が多く見られた。また、役職がつき責任が増えることで、早朝出勤せざるを得ない立場になってしまう場合も。


本来ならば、通勤も職場も混み合わない朝の時間帯を有効に使い、集中して業務に取り組むことで、早く仕事を切り上げることができるはずだ。しかし現実は、ただ労働時間が伸びたただけになってしまっている職場も少なくないようだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年7月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。