セブンの生ビールサーバー「ちょい生」中止 「再開の予定はない」と広報担当者

セブンの生ビールサーバー「ちょい生」中止 「再開の予定はない」と広報担当者

セブン-イレブンで7月17日から試験提供される予定だった生ビールサーバー「ちょい生」が、急遽中止になった。ねとらぼなどが報じた。


生ビールサーバーは、「セブンカフェ」と同じようにカップを購入し、店内のサーバーでその場で注ぐもの。「ちょい生」というキャッチコピーの通り、Sサイズが税込み100円、Mサイズ190円と、手頃な価格で「キリンビール一番絞り」が楽しめる予定だった。


東京都三鷹市の三鷹牟礼6丁目店や、埼玉県所沢市の新所沢駅東口店など、一部店舗での実施が予定されていたが、「需要の高まりが想定されたため、販売体制等の関係で中止」になった。


「色々な意見があったが、詳細は答えられない」



セブン&アイ・ホールディングスの担当者によると、「メールや電話、お客様相談室へのお問い合わせなど、方法を問わず多数のお客様から反響」があったという。ネットでは、「アルコール依存症を誘発させるのでは?」「車で来てちょっと一杯、の後普通に運転しそう」と懸念する声も多かったが、こうした意見があったかどうかについては、



「色々な意見があったとだけ。詳細は答えられない」


ということだった。テスト実施では、「ビールサーバの運用方法なども含め、やっていく中で判断しよう」としていたと明かした。


ツイッターでは、サービス中止を知った人らの間で、



「ちょい生中止ってまじかい。ショック」
「呑みたかったのに」


など、落胆の声が広がっている。


セブン-イレブン店舗でのアルコール提供に関しては過去、海外で同様の騒動が起きている。2017年、タイのセブン-イレブンで生ビールの試験販売を行った際には、市民団体からの反発などもあり、販売直後に中止になった。


担当者は今後の「ちょい生」の動向について「中止、取りやめということで、再開の予定はない」と話していた。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年7月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。