上司のセクハラを見て見ぬフリするだけでも訴えられる? 弁護士の見解も分かれる結果に

上司のセクハラを見て見ぬフリするだけでも訴えられる? 弁護士の見解も分かれる結果に

ここ数年、セクハラに関するニュースを耳にする機会が増えた。事実、東京都産業労働局の調べによれば、2016年度に寄せられたセクハラに関する相談件数は1555件で、前年度よりも357件増加したと発表している。


また、相談件数の増加ばかりに目が向きがちだが、その内容も複雑化を極めており、思いがけない形でセクハラ問題が発生するケースも増えるかもしれない。7月22日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、複雑なセクハラ問題を取り上げた。(文:石川祐介)


部長に直接注意できなくても上層部に報告することはできる?



番組中、「セクハラ行為を繰り返す"部長"だけでなく、その行為を見て見ぬフリしてきた"課長"も告発できるのか?」というケースが紹介され、弁護士たちが独自の見解を示した。まず、「違法」と答えた菊地幸夫弁護士は次のように語る。



「課長は部長の職務を補佐する立場なので、セクハラが行われているのを放置してはいけない」


同じく「違法」とした本村健太郎弁護士は



「見て見ぬフリをしていた人は平社員ではなく課長なんです。会社には、すべての社員がセクハラのない環境で仕事ができるよう、職場環境を整える義務がある」


と回答。また、部長に直接注意できなくても、上層部にセクハラがあることを報告すべきであると口にした。課長という役職に就いている以上、自身の仕事だけでなく職場環境にも意識を向ける必要があるというわけだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年7月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら